2011年6月19日(日) 川崎市とどろきアリーナ・メインアリーナ

  • ◆加藤和徳が見事優勝!上段膝蹴りや後ろ蹴りで一本・技ありをとり危なげなく勝利。
    残念ながら去年に続き、兄弟対決は実現せず。
    清瀬道場の親父軍団から2名が参戦!
    指田選手は、一回戦を見事なコンビネーションと右の中段回し蹴りにより判定勝利!
    二回戦は上段蹴りをもらい合わせ一本負けでしたが、次回に繋がる内容でした。
    松嶋選手は、相手が元士道館の重量級のチャンピオンでありながら、六段の猛者。
    かなり強力な攻撃を貰いつつも絶対に倒れない、そして前に出て攻撃を繰り出そうとする
    「折れない心」には圧巻でした。
    次回は体格差をカバーできる技を身に付けリベンジです!

◆入賞者

▶<一般の部・中量級>
加藤 和徳(東伏見道場) 優勝

◆出場者

▶<一般の部・中量級>
加藤 智亮(東伏見道場) 二回戦体重判定負け

▶<新人の部シニアクラス・軽量級>
指田 彰(清瀬道場) 二回戦合わせ一本負け

▶<一般の部シニアクラス・重量級(50歳以上)>
松嶋 朝則(清瀬道場) 一回戦判定負け

2011061901_01

2011061901_03

2011061901_02

2011061901_04